九谷焼作家 浦 陽子

伝統の良さを大切にし、焼き物に対して常に誠実な「正統派」の若手の浦さん。 やきものを始めて15年。師匠の橋本俊和・薫夫妻は、須田菁華窯で器作りを学んだ方々。 器は使ってこそ生きるもの。 料理を盛り付けて映える器を作りたいという浦さんの作品は手に取ってみたくなります。

広告
カテゴリー: 作家と作品 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中